子供 肥満 予防

食欲旺盛な子供って
親としては嬉しかったりするかもしれませんが、
子どもの肥満は放っておくと将来、
大きな病気
を引き起こしたりする可能性があります。

 

 

日常生活の中で少し気をつけるだけで
子どもの肥満を予防したりすることが出来ます。

 

まずは親が肥満に対してしっかりと関心を持つことが大切です。

 

よく噛んで食べる

食べ物を食べるとき、
体にとっては充分な食事量を摂っても
満腹中枢が刺激されるまで時間差があります。

 

ですので、早食いの人は
つい食べ過ぎてしまう
傾向があります。

 

子どもの肥満を予防するには…

 

そうなると当然、太りやすくなります。

 

子どもの頃から早食いがしみついてしまった大人が
ゆっくり食べようとクセを治そうとしても
なかなか難しかったりします。

 

子どものうちから気をつけて
ゆっくり食べるように仕向けたほうがよいでしょう。

 

また、食事はできれば
家族揃って会話を楽しみながら食べた方が
精神的にも満足感を得られます。

 

食事前のおやつは控える

食事前におやつを食べると
食事があまり食べられなくなります。
栄養のバランスの摂れた食事をしっかり摂らないと肥満につながりやすくなります。

 

子どもの肥満を予防するには…

 

寝る前には食べない

子どもに限らず
寝る前に摂る食事はそのまま消費されず
体の中で脂肪として蓄えられやすくなります。

 

ですので、
寝る前の2,3時間前
できるだけ食事をしない方がよいでしょう。

 

おやつは栄養価のよいものにする

おやつを与えるとするなら、
できるだけ栄養価のよいもの
を与えるようにしましょう。

 

なるべく外で遊ばせる

最近では部屋の中でゲームをする子どもが増えているようです。
ですが、子どもは運動や遊びによって
基礎体力をつけていきます。

 

できれば体を動かせるように外で遊ばせるようにした方がよいでしょう。

 

子どもの肥満を予防するには…

 

 

 

 

【商品紹介】